展示詳細

第3回日本化学会化学遺産認定証

  • 1件の関連画像があります。

展示場所

項 目 内 容
点数 1
英名 The Certificate of the Third Chemical Heritage of the Chemical Society of Japan, 2012
標本・展示の種類 実物
時代 2012年
提供者など 所蔵:国立科学博物館
解説 鈴木梅太郎博士関連資料。
日本化学会は、2010年から我が国の化学や化学技術史に関する歴史的な資料で特に重要なものを認定している。2012年3月に、標本「米糠の成分」、最初に結晶化されたオリザニンなど、当館所蔵の鈴木梅太郎ビタミンB1発見関係資料が、化学遺産第013号に認定された。
展示場所1(フロア) 地球館B3F 自然のしくみを探る
展示場所2(コーナー) 0.日本の科学者
展示場所3(項目) b.日本の科学を築いた人たち
分類 理工
キーワード すずきうめたろう、スズキウメタロウ