展示詳細

貞亨暦の版木

  • 1件の関連画像があります。

展示場所

項 目 内 容
和名・名称 じょうきょうれき の はんぎ
点数 1
標本・展示の種類 実物
時代 1688(貞享5)年
備考(公開) 伊勢暦の版木
解説 江戸時代最初期までの日本では、平安時代に唐(中国)から日本に持ち込まれた暦、宣明暦が数百年に渡って使い続けられてきていた。しかしこの暦は唐での観測を基にして、唐の緯度・経度に合わせてつくられた借り物の暦だった上、数百年使い続けるうちに蓄積されたずれもあり、次第に現実に合わないものになってきていた。
こうした中、太陽の高さや星の位置を自分の手で測り、日本の緯度・経度に合わせた正確な暦の作成に挑戦した日本人がいた。幕府に仕えた碁打ち、渋川春海である。
春海の手になる新たな暦、大和暦は1683年に完成した。当時朝廷は明で使われていた新しい暦、大統暦を国の暦として採用しようと考えていたが、実際に天を測っての審査の結果大和暦の方が正確と判り、1684年、当時の元号貞享をとって貞享暦と改名、翌年施行された。
これにより暦の作成は朝廷を離れて幕府の管轄となる。春海はこの功績により、天文学を使って暦を編纂する役職、初代の幕府天文方に任ぜられている。
展示場所1(フロア) 日本館1F南翼 自然をみる技
展示場所2(コーナー) 1.天を知る -天球儀・天文-
展示場所3(項目) 1.日本の暦の移り変わり
分類 理工