展示詳細

トロートン天体望遠鏡

  • 1件の関連画像があります。

展示場所

項 目 内 容
点数 1
標本・展示の種類 実物
提供者など トロートン・アンド・シムス社製
備考(公開) 口径20cm。屈折赤道儀。重要文化財。約1500kg。
解説 明治13年、幕府から暦の作成を引き継いでいた明治政府によって、当時の内務省地理局に新たな観測用望遠鏡がイギリスから輸入・導入された。それがこのトロートン社製口径20センチの屈折赤道儀である。選定などの経緯については判っていないが、後に内務卿となる大久保利通がヨーロッパ視察の途上発注したものとの説もある。
その後天体観測及び暦の編纂が文部省の所管に移ったことに伴い、この赤道儀も麻布に設置された東京天文台(後の国立天文台)に移動されている。天文台が三鷹に移転された際にも同行したが、昭和の初期に新しい大型望遠鏡が設置されてその役目を終えた。
展示場所1(フロア) 日本館1F南翼 自然をみる技
展示場所2(コーナー) 1.天を知る -天球儀・天文-
展示場所3(項目) 3.望遠鏡で何を見てきたか
分類 理工